assistNPO

空間認知

2019/09/09

[くくあ]

折って切って広げたら…

学習課題のバリエーションを広げてある年長の金曜日クラス。

折って切って広げたら、どんな形かな?の課題を再び行いました。

さすが2回目。

ぐっとイメージしやすくなり、実際に切ってみる前から、あーかな?こーかな?よし、答えはこれに決めた!

今回もはさみで切って広げて、確認します。

広げる途中から、正解の予感、の楽しい声が。

頭の中で形の向きを変えるなど変化させた場合をイメージする力をメンタルローテーションと言います。

視点を変えたらどうなる?

動かしたらどうなる?

学習場面でも生活の中でも、この力が高いと便利です。

くくあのお友だちは、2回目のチャレンジで確実に1回目よりもこの力を高めることができました。

この調子で、どんどんいってみよう!

[くくあ]

タグ:,,,,,

2019/09/04

[くくあ]

はじめての…ひも通し

新しいお友だちが増えた火曜日クラス。

手先の課題をじっくり取り入れました。

手指の巧緻性、両手の協調、目と手の協調、立体覚、空間認知。

これらが常に必要なひも通しは、くくあではいくつかのバリエーションを用意しています。

子どもたちの、目や手や理解、興味に合わせて使い分けています。

今日は、ひも通しが初めてという子どももいます。

そこで、握るようにつまんでも持てるサイズで、ひもを通しやすい幅のものを使っています。

カラフルな色のつながりを楽しみながら集中して、どんどん通していきました。

「できた!」の笑顔と拍手で気持ちよく“おしまい”ができました。

[くくあ]

タグ:,,,,,,,,,,

2019/09/01

[くくあ]

ワーキングメモリー

金曜日

運動遊びで、ジグザグ走行を取り入れる時は、コーンの代わりにバラバラにしたソフト跳び箱を使っています。

青と黄色の色と1〜3までの番号が、次に向かう場所のヒントにもなっています。

そこで、今日は難易度を上げて数字の順番を変えました。

走行している間中、番号の順番を覚えていないといけませんし、どの番号までクリアーしたのかも分かっていないといけません。

ワーキングメモリーと呼ばれる力が必要です。

そして、そんな中でもこけないように走り続けながら、進む方向も考えないといけません。

なかなかのチャレンジです。

難しいところはヘルプを出しながら、ゴールできた喜びの体験を重ねていきました。

[くくあ]

タグ:,,,,,,

2019/08/22

[くくあ]

横転の遊びから

い〜も〜む〜し〜、ごーろごろ。

    

そんな季節はまだまだ先ですが、

まだかな、と待ち遠しくなる程の

暑い暑い、蒸し暑い日が続いていますね。

     

火曜日クラスでは、いも虫ゴロゴロ、マットでの横転運動をしました。

     

今日は2種類のマットを使いました。

体育館用の運動マットは、柔らかさと反発がちょうど良く、コロコロとよく転がります。

ベッドのクッションマットは、ふかふかで少し身体が沈み込み、ゴロゴロと気持ち良いのです。

    

ジャンプしたり渡ったりするコースの運動遊びの中で、このゴロゴロ横転はお楽しみコーナーになりました。

    

寝転がると自分の身体は見えません。

手足や体幹、頭の位置がどうなっているのか、思う方に進めているか。

転がる感覚を楽しむだけでなく、ボディイメージや空間認知の力が育つ遊びです。

     

みんなで楽しく取り組む時間となりました。

      

[くくあ]

タグ:,,,,,,,,

2019/08/17

[くくあ]

折って切って広げたら…

金曜日

紙を半分に折って、幾何学図形を切って、広げたらどうなるの?

   

空間認知の課題です。

     

頭の中で、形を立体的に動かして考えます。

メンタルローテーションとも呼ばれています。

イメージする力、考える力、閃く力と相互に影響します。

なかなか難しい認知処理です。

     

年長クラスでは、プリントの1つひとつの問題を、実際に折った折り紙をはさみで切って開き、確かめながら進めていきました。

     

あー、そういうことか!

じゃあ、次の問題の答えは、これかな?

    

みんな、とても長い時間、楽しみながら考え、答えを導き出していきました。

    

見て覚えるだけでなく、行動を伴いながら学習すると、働く脳部位が広範囲

になり、脳が活性化しやすく、また記憶にも残りやすくなります。

     

そこに、「分かった」「楽しい」が加わるので、集中力も学習効果もさらにアップです!

     

[くくあ]

タグ:,,,,,,,,,

2019/07/31

[第3ふれあいハート]

ゴロゴロ!

29日(月)のSunnyでは、大きなクッションを使って子どもたちが転がれるスロープを作りました。

   

子どもたちはスロープから落ちないように気をつけながらも意気揚々と転がり、大満足な様子でした。

  

こうした遊びの中には、ボディイメージを育て、空間認識を高める要素もあります。

が、なによりも!

  

楽しい!

楽しみながら得る力!

楽しいから身につく力!

   

Sunnyは、そこを目指しています。

    

タグ:,,,,,,,

2019/06/26

[くくあ]

ジグザグ走行

6月22日、土曜日。

        

運動遊びのコース設定は、ジグザグ走行。

     

折り返しが、一つ2つの間は、「かーんたん!」「もっと難しくして!」と余裕です。

では、5つにチャレンジ!

     

色と番号を頼りに進むものの、おやおや?

折り返しで、体の向きが変わったら、次はどこに向かうのか見失うことも。

みんなで順番に進んだり、次々と電車のように繋がって走ったり。

ちょっとドキドキの後ろ向きにチャレンジしたり。

     

たまには、こんなコースも楽しいね。

     

[くくあ]

タグ:,,,,,,

2019/06/19

[くくあ]

カラフル傘

15日のくくあの制作は、傘作り。

  

見本を見た途端に「かわいい!」「作りたい!」

説明をよく聞いて、みんな一斉に作り始めました。

   

両手を協力させて、まーるく切って。

4つに折って、向きを揃えます。

のりで張り合わせると、生地の部分の完成です。

  

中棒やくるっと曲げた手元部分は、紙をクルクルと指先で巻いて棒を作りました。

   

細かい指先の操作や、立体を作る過程での向きの確認などの空間認知能力。

   

じっくりと集中して取り組み続ける子どもたち。

   

一つの工程の中で同じ動作を繰り返し、コツがわかる、上達する、どんどん仕上がったパーツが増えていく。

それも、この制作が面白いポイントです。

   

カラフルに仕上がった傘は「持って帰りたい!」と、大事そうにかごへ。

  

お家の人は、なんて声をかけてくれるかな。

また教えてね。

    

    

[くくあ]

タグ:,,,,,,,,,,,

2019/06/09

[くくあ]

輪つなぎ

折り紙を4つに折って広げ、はさみで切った短冊で、輪つなぎを作りました。

     

前の輪に短冊を通す時の向きはどっちか、どちらに曲げるのか、どこにのりを塗るのか、輪から短冊が外れないようにしながら次の輪をつなげるには…。

    

空間認知も、指先の使い分けも、はさみやのりの操作性も、戦略も必要な課題です。

    

うまくいかない時は、思わずイラッとすることも。

    

でも、みんな、うまくいかなくても諦めずに取り組みました。

自分でできるようになると楽しくなって、どんどん繋げていきました。

    

頑張った数だけ輪が増えるというのは、努力の見える化なので、達成感をより高めてくれますね。

   

[くくあ]

タグ:,,,,,,,,,

2019/05/17

〔くくあ〕

<紫陽花>制作 第1段!

今週は各クラスであじさい製作をしています。

 

泡を使った染め紙作りから始めたクラスでは、折り紙も組み合わせて仕上げました。

 

折り紙を途中から折り返すには、指先の力が必要です。ていねいに時間をかけて取り組みました。

 

画用紙にどう配置すれば良いのかとあれこれ考える、子どもたちのチャレンジの過程を見守って、できた時にはみんなで大きな拍手をしました。

 

〔くくあ〕

タグ:,,,,,,,

サイト内検索

News

第3ふれあいハート

第3ふれあいハート

一瞬!?

夏休み前と比べて変わった点はまだあります。

それは子どもたちの気持ちの切り替えの速さです。

リラックスした状態からきちんとする時への気持ちの切り替えは、わかっていてもなかなか難しいものです。

楽しい遊びやおしゃべりをまだ続けたい、疲れていてなかなか集中できない等といった状態だと尚更です。

夏休み前の子たちももちろん頑張っていましたが、ちょっと時間を必要とすることがありました。

しかし現在では、本当に大人と比べても勝るとも劣らないと思えるくらい早い時があります。

それが一人や二人ではなく全員なのです。

そんな瞬間に立ち会えた時は子どもたちがとても凛々しく見えて本当に感動してしまいます。

子ども達の成長の早さに負けないようにスタッフも頑張ります!

[くくあ]

[くくあ]

マット山を制覇

水曜日クラスで初めて、オーシャンスイングという大きな板のブランコを使った坂登りと感覚統合用の大きな大きなふかふかマットを使った山が登場しました。

すごーい!

目を輝かせながら順番を待ち、勢いよく向かう子もいます。

えー…。むり、かも…。

と驚き、動きが止まる子もいます。

一人ひとりの体と気持ちが整うタイミングに合わせて、山を横から見るだけにしたり、抱き上げて一緒に行ったり、両脇を支えて、両手を持って、片手を持って、と変化させていきます。

そして最後は「一人でやる…!」の宣言を合図にすぐ傍で見守って。

できたね!!

すごいね!!

やったね!!

頑張ったね!!

嬉しいね!!

みんなの笑顔と拍手と喜びの声が止まりませんでした。

[ヒーローズJAPAN]

[ヒーローズJAPAN]

そら豆

茹でればこんなにキレイな緑色…。

と言いたいところですが、実際には、そら豆には皮が付いています。皮ををむいて初めてこの鮮やかな緑色の豆が現れます。

実はこのそら豆、皮をむくという事を知らないスタッフもいて、「えー、むくの⁈」とびっくりします。

そのびっくりは、むく事よりその量だったのでは…。

ご覧の通り、鍋一杯のそら豆でした。この量をひたすら「熱っ」、「あ、潰れた」と言いながら、むいていきました。

むいても、むいても終わりが見えません。他にもしておかなければならない下準備もあるのに、かなりの時間をかける事になりました。

このそら豆は明日の朝、野菜やチーズと一緒にスチコンへ。

明日も朝から忙しくなること、間違いなしですが、おいしい一品に仕上がればいいな、と思っています。

[くくあ]

[くくあ]

Just right challenge !

今週の火曜日クラスは体調不良でお休みする子が多く、ちょった寂しい日でした。

元気に登園した子どもたちとは、折り紙にはさみ、運筆、ことば、手指の巧緻性の課題など、対面課題を行う時間をたっぷりとりました。

みんなと一緒にできる楽しみ、みんなとだからやりたい気持ちもエネルギーになりますが、一人ひとりの“今”の力に合わせた課題もさらに力を育てるためには欠かせません。

くくあはこの、“Just right challenge”を大切にしています。

じっくりと取り組み、たくさんの発見をしました。

今日はお休みだった子どもたちとも、丁寧なチャレンジを積み上げていきたいです。

元気になったら、また来てね。

みんなで待ってるよ。

【るる】

【るる】

ハロウィン工作

今日のるるの活動は工作です!
10月に予定しているハロウィンパーティーの飾り作りをしました🎃
るるの玄関の壁面をハロウィン仕様に飾り付けです!
どんなふうに出来上がるのかパーティーの日が楽しみです😊

お問い合わせ

特定非営利活動法人 アシスト TEL:0771-25-7090
受付:9:00〜18:00