assistNPO

児童発達支援事業・保育所等訪問事業

児童発達支援事業所くくあ

~子ども達の笑顔と自信を育てる場所~

未就学児の明るい笑い声が響きあう事業所です。発達を支える遊びを軸に、心、体、コミュニケーション・社会性、身辺自立、学習、自己肯定感を育くむ個別・集団療育を行っています。一人ひとりの興味関心や特性、発達的課題に応じた個別性の高い療育プログラムを通して子どもたちの発達支援を行います。また、保育所等訪問支援では保育所や幼稚園、学校など子どもが通う場所に専門家を派遣しています。当事業を通じて家庭や地域生活のサポートを行います。 また毎週火曜日には地域の未就学の子どもさんとその保護者の方々を対象に「子育てひろば まな」を開催中。リトミックやボルタリングなど週替わりの親子参加型プログラムが好評です。

どんなところ?何をしてくれるところ?

児童発達支援事業所くくあでは0歳から就学までの子どもさんの発達支援を行います。
事業所 児童発達支援事業・保育所等訪問事業 くくあ
事業分類 児童福祉>児童発達支援事業、保育所等訪問支援
営業時間 火曜日~土曜日 8:30~15:45(日曜・祝日休み)
利用料 利用料については受給者証にも記載されていますが、(別途)昼食代や外出の際に公共交通機関や入場料については一部利用者様負担となります。児童発達支援・保育所等訪問支援サービスを利用するには、市役所窓口(障害福祉課)で申請が必要になります。ご利用にあたり、ご不明な点がございましたらいつでもお問い合わせください。制度説明や市役所申請等サポートいたします。
住所 〒621-0805 京都府亀岡市安町釜ヶ前32-1
TEL 0771-55-9366
FAX 0771-56-9367
指定番号 京都府指定 2651600153

一日の流れ

時間療育活動
09:30登園 朝の用意
09:45朝の会
10:00グループ療育①
10:30自由遊び
10:45個別課題
11:30給食
12:45グループ療育②
13:15終わりの会
13:30降園

サイト内検索

News

[くくあ]

[くくあ]

夏祭り遊び

今週のくくあは、夏祭り遊びを行なっています。

プラプラと浮く、小さな小さなゴムの金魚。

ゆっくり雄大に浮き沈みする、にこちゃんのスーパーボール。

水流を作った大ダライの中で、さあ、どうすくおうか…。

じっと見て、今だ!

やったー!!

やった、できた、を大切にしたいので、フイは網製ですが、そこは内緒。

今の時期の、あちこちである夏祭りで、このイメージや体験が生きるといいな。

残りわずかになった夏を、今だけの夏を、家族みんなで楽しんできてね。

そして、どんな体験ができたのか、たくさんたくさん、お話しを聴かせてね。

また来週、待ってるよ。

[第3ふれあいハート]

[第3ふれあいハート]

科学実験週間(4日目:空気砲)

8月22日(木)の実験はダンボールを使った空気砲でした。

これはテレビなどでご存知の方も多いかと思います。

密閉したダンボールに丸い穴を開け、ダンボールを叩くことによって空気が押し出されるというものです。

紙コップのタワーを空気砲で崩すようにしたところ、子どもたちは大はしゃぎ!

みんな何回も立てては倒しを繰り返して楽しんでいました。

また、今回はドライアイスを使って作った煙を空気砲内に貯めてそれを打ち出すことで、押し出される空気の形を観察する体験も行いました。

煙りの塊が打ち出されると子どもたちはキラキラした目をしながら「おおー!」と感嘆の声を上げていました。

空気砲から出る空気は実はドーナツの形をしているのですが、その仕組みについても簡単に説明しました。難しい内容でもみんなきちんと話を聞いて興味津々!

目に見えない空気の動きについて楽しみながら体験できた実験となりました。

[第3ふれあいハート]

[第3ふれあいハート]

科学実験週間(3日目:化学反応)

21日(水)の科学実験は重曹とお酢を使った二酸化炭素を発生させる化学反応の実験です。

手順としては、まずペットボトルにお酢を入れ、ペットボトルの口に取り付けた風船の中に重曹を入れておきます。そして重曹をペットボトルの中に入れることによって二酸化炭素が発生し、風船が膨らむという仕組みです。

風船がどんどん膨らむ様子を楽しむと同時に、お酢と重曹が反応して出来る泡の音にも「わぁ~!」と驚く子どもたちがいました。

今回の実験の他にも世の中には混ぜると化学反応が起こりガスが発生するものがたくさんあります。二酸化炭素のように安全なものもありますが、塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜた時に発生する塩素ガスなどのように大変危険なものもあります。

その事についても子どもたちに説明したところ、みんな真剣な面持ちで話を聞いており、気をつけようと思っている様子が伝わってきました。

今回の実験では身近なもので化学反応を起こすことができることを知る体験になったと同時に、混ぜてはいけないものがある事を知ることができる実験になりました。

[くくあ]

[くくあ]

生きている泡

木曜日クラスで、ふわふわ泡遊びをしました。

石鹸水にお砂糖を入れて、ボールと泡立て器を使って泡だてます。

すると、きめの細かいふわふわ泡ができました。

食紅で色をつけて、色混ぜ遊びもしました。

お友だちが作った色泡を少しちょうだい。

いいよ。どこに入れる?

やりとりも増えます。

泡が減っても大丈夫。

泡立てれば、また泡ができます。

一生懸命に泡立てている、お友だちのボールを覗き込んだ男の子が…。

⚪︎⚪︎くんの泡は生きてるね。

ほら、ふわふわの泡がゆらゆら揺れてるよ。

素敵な感性ですよね。

命が吹き込まれた泡は、なかなか消えることなく、みんなが帰る時間までずっと、まん丸なままキラキラと輝いていました。

【るる】

【るる】

アンパンマンクッキー

今日の活動はクッキングです。特にお菓子作りはみんな大好き♡
今日のメニューは…
アンパンマンクッキーです!
レシピを見ながら軽量をし、
材料をあわせてコネコネまぜます。
次にアンパンマンの顔に成形です。細かい作業が難しかったですが、個性的なアンパンマンがたくさん出来上がりました😊

お問い合わせ

特定非営利活動法人 アシスト TEL:0771-25-7090
受付:9:00〜18:00